シナリオ小話 第59回 具体例の点描

第59回の今回は「具体例の点描」と題して脚本表現の中でも特にドラマ表現について考えてみたいと思います。
結論から言いますと、映像シナリオ上の物語は全てが「具体例」の「集合」から構成されなければならないということです。
これはどういうことかと言うと、具体的な事象を何度も何度も繰り返さなければならないということ。―――実に当たり前のことです。
ただ、このことは割と手間がかかります。いちいち手を付けなければ何も具体的になりませんし、その上、適した具体例を幾つも考え出さなければなりません。さらにその配置の妙にも心を砕くことになります。

盲目の少女が主人公なら、この人物が盲目であることを具体的にいくつも描かなければなりません。
「はいどうぞ」と出された湯飲みに手探りをして、道を歩けば杖で触れ損なった小石にはつまずきます。脇を歩く親子が桜の花を見上げて「きれいね~」と言い合う姿を素通りさせ、建物に入って行くにもタッチ式の自動ドアを開けるのに一苦労する。これらひとつひとつの具体的な描写を通じて主人公が盲目であることを視聴者に伝えるのです。
・・・やはり当たり前のことです。けれどついつい、この手間を惜しんでしまいます。書き手は彼女が盲目であることを最初から分かっているので、それをつい当たり前のこととしてすっ飛ばしてしまうのです。
たとえば「はいどうぞ」の湯飲みのシーンだけだった場合を想像して下さい。作者はこのワンシーンを描いたことによって彼女が盲目だと説明したつもりになっていますが、目が見えていたとしても何か他の考え事をしていたせいかもしれないのです。彼女が杖を突いていたとしても、足が不自由なせいかもしれません。その杖が明らかに視覚障害者に独特の杖だったとしても、一般人は杖の種類でその人が全盲者であるかどうか即座に区別が付きませんから、正確に『彼女は盲目である』ことまでは分かりません。

彼女は恋人と離れ離れになってしまい今も淋しい思いをしているのだ、という場合。
彼と昔にやり取りした恋文なんかを大事そうに読み返したり、机の上の写真立てに見入ったり、ちょうどそんなところに電話が鳴ってハッと慌てて駆け出してみたり、その電話が間違い電話で思わずムキになって激昂してみたり。とにかくこういった表現が幾つも出てくるからこそ、彼女の淋しさ・その心理の重さが伝わるというものです。
私が思うに、脚本でのドラマ表現は小さな小石を幾つも集めて作るモザイク画のようなものかパッチワークのようなもので、赤い石を1つばかり貼り付けたから赤なのではなく、赤やオレンジや紫の石を同じ場所に集めて貼り付けるから赤なのです。

この「具体例」羅列や列挙は、やりすぎると解説的になったり説明過多になったりして“くどい”ですし、ドラマの展開速度から言っても転がりが悪くなる可能性はあります。
しかし、じゃあこういった「具体例」の積み重ねをすっ飛ばして何かを分からせようとすると、そもそもそれは不可能になってしまうと思われます。
やはり幾つかの検証できる材料、つまりドラマのヒントが幾つかあって、初めて視聴者に伝わるのです。

最近に限った話ではないですが、特にゲームやアニメ等の若者向け脚本を請け負う際、よく監督や企画さんから聞かれるのが「点々話」です。
私が勝手に「点々話」と名付けているだけですが、簡単に言えば、AだからBで、BだからCで、Dが起こるからEになってFになって、と展開していく筋道のことです。何も間違いではありませんが、いつもやや性急に感じます。
抽象的なイメージですが、A+B+CだからDで、Eに対してFもあったけれどそこにGもあったからHなんだ、といったように、ドラマを転がす際にはややじっくりと進めていきたいものだと思っています。
偶然に繁華街で出会って不良に絡まれているのを助けてあげた、だから彼女は彼に惚れてしまいました、だなんていう場合がそうです。確かにそういう電撃的な一目惚れもあるでしょうが、この彼女が彼に段々惚れていく様子は、やはり幾つかの具体的な事件の中で深めてあげるべきなのではないでしょうか。そうすることが何よりも視聴者には親切なのだと思います。
テストの点数が悪かった少年、これでは小遣いを減らされるなり大好きな野球を禁止されるからと、頑張って勉強します、次のテストでは90点もとって母さんもご満悦です、という場合でも、彼が頑張って勉強している様子は幾つかのシーンに分けて複数入れる方が良いと思います。

推理物ではわざと表現を「点々」に留めておいて、容易に先の展開を読ませない、という手法も考えられますが、やはりこれは例外でしょう。
ニュースなんかを見ていると、「このことについて町の声です」として、少なくとも3人や4人のインタビュー映像を流します。これこそ「具体例の点描」です。たったひとつを取り出したのでは何だか作為的だし信憑性を損ないます。同じことは創作ドラマにも言えて、やはり「点々話」では作者の都合ばかりが優先されていて視聴者が置いて行かれた感じがします。少なくとも3つ、具体例を示したいところです。2つ目までは“線”かもしれませんが、3つも示されると“面”になって伝わると思います。

“くどく”ならない範囲で、けれど手間を惜しまずに、目安としては少なくとも3、4の具体的な描写を用いて1つのことを説明するクセを付けたいものです。あとから削るのはとても簡単だからです。
[PR]
by genmuki | 2009-01-28 00:42 | シナリオ小話
<< スーパーボウル!!! ぃぇぃ シナリオ小話 第58回 段取り芝居 >>