【ボルト】 2009 ディズニー

おおやぎ推薦図書&映画
「ボルト」 2009 ディズニー

ボルト [DVD]

動物が主人公として活躍するタイプの旧来からあるスタイルの活劇ですが、今回、特筆してお勧めしたい理由は、その「美術背景」にあります。

3Dアニメーションの映画でありながら、メイキングでも説明される通り、可能な限りに2Dつまり手書きの美術背景をいかに利用していくかに注力した画面作りであったというのです。
3Dでは、「光」は均一なものとして扱われ、また、それぞれの地形や街の表情に対して、コンピュータが算出する「光」は、均一で、なおかつ普遍のものである―――このことを脱却し、それぞれの街や地域に即した独自の “光の色合い・表情” を表現すべきか熟慮した。・・・その結果が、デザイナーが各地を実際に訪れ、街や地方によって異なる “光の味” を実際に体験することによって描き分けたというのですから、美術背景のあり方においては、非常に素晴らしい試みをなさっていると思います。

前回の「トレジャープラネット」に関するレビューでもひっそりと書いた通り、背景美術がコンピュータグラフィックスになって以来、色合いは統一され、画一的となり、美術背景なるものは、“難無くそれと分かる範囲で表現されるべきもの”に成り下がってしまったと言っても過言ではありません。緑で表現されれば樹木の葉、茶色で表現されれば土や砂、といった具合です。

・・・しかし、実際の風景には、地域によって光線の具合があります。―――「智恵子抄」において、高村の妻が、「東京には空がない、阿多多羅山の上にあるのが本当の空だ」と称えたように。

ニューヨークの街区における光とか何か?
ネヴァダやミネソタ、カルフォルニアにおける光とは何か?
―――そういったことを、今作ではデザイナーたちがとことんまで突き詰め、表現しているといいます。

単なる3D映画に付随する遠景の美術として見るなら、このような点には注目すべきではありません。
しかし、メイキング画像でスタッフが非常に誇らしげに語っている通り、美術背景が意識されるようであれば失敗であり、「まず、視聴者はそれと意識しないで見ていただろう」「それが我々の目指したところなのだ」と語る通り、3D全盛の現在であるからこそ、アナログ美術家の醸す世界観は重要なのだと感じさせる作品です。

3Dアーティストの方にも学ぶべき点が多い本作ですが、翻って、2D美術家の方にこそ参考にして頂きたい作品であります^^


光が射し、影が落ち、全ての世界は色合いを持つ。
・・・日本のアニメもゲームも、そのような美術に支えられてこれまでの発展を遂げたはず。

ただ、光があり、影があり、色がある。
改めて2度目に視ると、“ジャパニメーション”を遥かに凌駕したアナログの世界観に触れるでしょう良作です。
[PR]
by genmuki | 2010-03-31 07:05 | 推薦図書&映画
<< 「汁まみれの放課後」 準備中 【トレジャー・プラネット】 2... >>