動く背景画を目指して…

また作りかけのソフトはたくさんあるくせに、いつも技術的な研究というか―――興味のわいたことを実現するためにプラグインソフトなんかを購入して遊んで学んでみることが日課の おおやぎ です。

今日は、背景画の主に水面部分なんかに動きを持たせるにはどう表現したらいいか、それを吉里吉里などのゲームエンジンでどのように実現していこうかと、試行錯誤をしています。

今のところ...

◆霧が出たりします
 (霧の濃さが代わり、風向きや強さがあります)

◆天候によって効果音や天候の効果が変わったりします
 (実際に雨が降ったり雪が降ったり、大雨になったりします)

◆空と月が出ます。そこの同じく風向きに合わせて夜の雲が流れます
 (雲の種類も天候などによって変わります。ただし木々の間から見える程度なんですけどね…)

こんなところまでは、プログラム・ビクセン氏の協力をあおぎながら、何度もパイロット版を調整し、実現しつつあります。

けれど、どうしても吉里吉里の演出効果ではできない!―――のが、水面の揺らめきや、水の実際の流れです。
・・・こうなると、大好きなAfterEffectsの出番です。Flashはあまり得意な方ではないので、AfterEffectsの海外ダウンロードで手頃なプラグインを中心に実現を目指します。

今のところ こんな感じに動く背景画 のあるアドベンチャーゲームが出来ればイイなあ、と考えています。


・・・さて。毎度のことながら、サークル「幻夢騎」幻夢騎タイム(※)でしか動きません!

実現+公開は、いつのことになるのでしょうか!?

※「幻夢騎タイム」=フリーランスの仲間たちの本業の合間合間でのみしか作業をしないので、一切の締め切りを考えず、技術的・知識的に得るところがあると思えることに懸命に取り組むため、さらに遠回りばかりして、いつまでたっても作品そのものが完成しないダメなサークルのスケジュール管理のこと。
[PR]
by genmuki | 2012-07-17 19:03 | 幻夢騎
<< 動く背景画を目指して... ル... 「斬羅鬼」の時代 >>