<   2011年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

PCゲームで使う「レイアウト」

PCゲームの案件で、シナリオの主にテキストワークの中で「レイアウト」なんて指示する機会があるだろうか―――あるとすれば、そもそも絵師ではないライターはどうやって内容を伝えればよいだろうか―――という知人のご質問に答える形で、実例を(一部はネタばれしますのでモザイクで)アップしたいと思います。

そもそも、シナリオにおいては、書く文字の内容は、絵(画:え)を前提としたセリフなりナレーションなりのものです。・・・つまり、先に絵がなければ、どんなセリフも動作も、それがどういう場面であってどういう意味を持つのかが明確ではありません。
そのためシナリオライターは、ぼんやりではあっても(或いはシナリオテキストとして記すとしても)、そのセリフなりナレーションなりが『どのような場面で誰がどういう表情/動作でそう言うのか』といったことを想像しておかねばなりません。
―――そのために、マルチョンでも構わないと思いますので、必要に応じて簡易な絵は示して共有できると良いと思っています。
(ご覧の通り、私にはまるで画力というものがありません…)

とにかく、自分なりに思った風景をできる限りの絵(画:え)でもって伝え、あとは矢印だの記号だの文字だのを書き込んで、『私が想像しているシーンはこんな感じなのです。どうでしょうか?』と示せると良いのではないでしょうか。
―――これらは表に出ることもないのだから(制作者間での打ち合わせメモなのだから)、下手な絵でも描いて必死に伝える努力、一緒に考えましょうよ!という姿勢こそが大事なのではないかしら。
c0125626_2351669.jpg
c0125626_23511395.jpg

[PR]
by genmuki | 2011-05-26 23:51 | 幻夢騎